日大再生

日大生とOBの会

日大再生 日大生とOBの会

設立趣旨

私たちは「学識と教学の場」として、以下の通り日本大学の再生を求める。

1.田中英寿理事長及び現在の全理事の即時退陣を求める。

1.経営主義・暴力体質を変換して「学識と教学の場」としての良識の回復と、
     学生本意を尊重し、教職環境を取り戻す改革を求める。

私たちは、日本大学の田中英寿理事長による大学の独裁的私物化と経営主義は、大学 たる学識と教学の場としての環境を破壊し、暴力主義体質を温存してきた主因と考える。

アメフト問題に端を発し、次々と起こる日本大学の暴力体質と不誠実は、独裁者たる田中 理事長を忖度して登場する経営陣の開き直りと非常識・無責任な対応に端的に表れている。

また以前より問題となっている非常勤講師雇止め問題は、今や大学の場としての教育・教職 環境を破壊し、大学経営の良識をも疑わせる状態にある。

かつて日本大学に籍を置き社会に関わってきた100数十万OB,今現在在籍する7万の 現役生とその父兄は、今現在の日本大学の状態を許容できないものと考える。

勉学を志す学生諸君と今から企業に就職を目指す学生諸君は、第一義的にその被害者である。 そしてわが子の将来を考えて必死に高い授業料を支払い学生生活の維持に工面する父兄の思い、 また私たちOBは、社会の中で“ああ、日大ね”と言われ、忸怩たる思いをもって日々の活動を している。

私たち「日大生とOBの会」は、日本大学に教学の場としての良識を取り戻して再生するために、 田中英寿理事長以下全理事の即時退陣を求める。

私たちは、この要求行動を多くの日大関係者に呼びかけるために、このページを開設しました。

ご賛同を頂く多くの皆様のご連絡をお待ちします。

尚、私たちは、ご連絡をいただいた皆様の個人情報は特別の注意をもって管理し、一切外部に 表出しないことといたします。

日大生とOBの会